だんだんと冬の佇まいに変化していっていますね。冬といえばクリスマスや大晦日といったイベントがあったりで巷では『恋の季節』とも言われているそうです。そんな季節『冬』についていろいろとまとめてみました。

SponsoredLink

 

まずは冬についての知識をかんたんに

 

二十四節気という季節を区分したものがあるのですが
冬は、その中の立冬から立春の前日までを冬と呼びます。

 

 立冬はいつからいつまで?2013年~まとめ

 

ちなみに冬は6つの名前で区切られ、表されています。

立冬(りっとう)

小雪(こゆき)

大雪(おおゆき)

冬至(とうじ)

小寒(しょうかん)

大寒(だいかん)

 立冬はいつからいつまで?2013年~まとめ

 

 冬はいつからいつまで?

 

2013年度の立冬が11月7日、立春:2月5日なので
これを踏まえると
2013年の冬は、11月7日~2月4日になります。

2014年~は随時更新。

 立冬はいつからいつまで?2013年~まとめ

 残寒と余寒

夏の終わりによく耳にする言葉で残暑という言葉がありますが
それと対になって冬では残寒、余寒と言います。

 

定義は主に立春を過ぎてからの寒さのことを指しています。
この頃が一番肌が乾燥しやすいですよね。
なので乾燥肌の人は注意が必要です。

 

対策としてひとつあげるならば
寝る前の顔パックと言っていいでしょう。
乾燥しやすいお肌を守りましょう。