ついに念願の東京オリンピックが実現しました!
2020年まであと7年という月日がありますが筆者を含め、もちろん皆さんも待ち遠しいことだろうと思います。またこの東京オリンピックによる経済的な波及効果に関してはとてつもない金額になることが予想されています。今回は2020年東京オリンピックの開催期間をはじめとして開催地などをまとめてみました。

SponsoredLink

 

2020年東京オリンピック

まずはじめに抑えておきたい東京オリンピックのビジョン

Discover Tomorrow 未来(あした)をつかもう

・成熟都市でのオリンピック開催意義を示す

これは2012年ロンドン大会同様に成熟都市で開催することで、確立されたインフラや安定した社会から生まれるあらゆる恩恵を示し、そして1964年東京大会で生まれた国民の団結や誇り、自身を再び取り戻すといった意味合いが込められている。

・室の高い綿密な計画と安全な大会の開催

2016年大会招致活動(2016年東京オリンピック構想)で学び得た教訓を糧にブラッシュアップし(磨き上げ)た開催計画や、選手村から約10分程で試合会場までの到達を可能とした交通機関であったり、大会選手を考慮した宿泊施設等の整備。そして忘れてはならない安全面である治安やセキリュティ計画による安全な大会運営の実施。そして最後に大規模な国際大会の開催経験に基づいた的確な大会運営能力である。

・日本の中心都市東京で行う大規模な祭典

選手らの競技の他に文化的イベントやライブサイトなどのフェスティバルを各地で開催する計画。

 

東京オリンピック開催期間

 

開催を主とするものとして
オリンピックとパラリンピックがありますので
両開催期間をチェックしておきましょう

・オリンピック開催期間

2020年7月24日(金曜日)~8月9日(日曜日)

・パラリンピック開催期間

2020年8月25日(火曜日)~9月6日(日曜日)

 

大会のメインであるオリンピックがまず最初に行われ、
その後にパラリンピックが行われます。
間違えないようにしておきましょう。

 

また2020年東京オリンピックの詳細な内容はこちらからチェックしておきましょう。

 

チェックしておきたい東京オリンピックの会場

 

選手村が予定されている晴海地区

 東京オリンピック2020年開催期間まとめ

 

ウエイトリフティングの会場となる予定の東京国際フォーラム

 東京オリンピック2020年開催期間まとめ

メディアセンターやレスリングなどの会場となる予定の東京ビッグサイト

 東京オリンピック2020年開催期間まとめ

柔道などの会場となる予定の日本武道館

 東京オリンピック2020年開催期間まとめ

超国際的な式典であるオリンピック。それはまさしく人と人との繋がりを再確認させてくれるものであると同時に自らのアイデンティティーを考えさせられる催しだと言えるだろう。人間としての可能性は無限大であると魅せてくれる大会出場選手ら全員を応援しましょう!