今回は秋の流星群について見てみようと思います。
秋と聞いて思い浮かぶものは何があるでしょうか?

一般には食欲の秋、読書の秋、
勉学の秋、スポーツの秋という言葉を耳にしますが、

この中にもうひとつ追加するならば、
星の秋という言葉を入れてみたかったりしちゃうわけです。

そんな秋の星座たちの流星群についてまとめてみた。

SponsoredLink

秋のイメージは、少し肌寒い中にも真っ赤な彩りを魅せる紅葉が
ひらひらと舞っているような場面が浮かんできます。

ですが実は秋という季節の魅力は、
真っ赤な紅葉や綺麗な景色だけではありません。

秋の夜空にも注目してみるとさらに風情を感じられるでしょう。
では秋の星座を紹介するととともにそれらの流星群について見ていきます

 

☆秋の星座☆

 

 ☆おうし座☆

 秋の流星群2014年まとめ

期間:9月25日~11月25日
極大日:南群:11月6日
北群:11月12日
約2ヶ月の間、おうし座付近から流星が飛んでいきます。
おうし座流星群の特徴は、火の球のような流星です。とてもなだらかな高原状のため、年によっては確認が困難なときがありますが、例年それらしいおうし座流星群の活動は目撃されています。

 

☆オリオン座☆

 秋の流星群2014年まとめ

期間:10月2日~11月7日
極大日:10月22日 深夜1時頃
方角:東の空
オリオン座流星群の特徴は、
全ての流星群の中で2番目に速度が速い流星ということ。
そのために、ほとんどの流星は明るいのが多いです。

また、流星が流れたあとに残る痕(こん)と呼ばれる煙が
残る確率(有痕率)も高いです。
ちなみに、飛行機雲のようなものと考えるとわかりやすいでしょう。

 

☆りゅう座☆

 秋の流星群2014年まとめ

期間:10月6日~10月10日
極大日:10月9日
方角:北西 午前8時
りゅう座流星群の特徴は、流星の速度が遅く、
ふわっとした印象を受けることです。

2014年は極大日の時間帯こそ朝方ですが、
深夜頃をチェックしてみるのもいいでしょう。

ちなみに、母彗星の軌道上、13年ごとに好条件となるので
2025年あたりも活発な活動が期待できます。